東北大学病院 未来医療人材育成寄附部門

STAFF

STAFF

STAFF

中川 敦寛

東北大学病院
臨床研究推進センター
特任教授
Special Appointed Professor

[略歴]

1998年 東北大学医学部卒業 東北大学脳神経外科入局
2001年 東北大学大学院(東北大学流体科学研究所高山和喜研究室)
2004年 東北大学大学院卒業(医学博士)
2005年 日本脳神経外科学会専門医
2006年 東北大学病院 脳神経外科/高度救命救急センター(助教)
2008年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校神経外科 / 脳脊髄外傷センター(神経外傷クリニカルフェロー)
2010年 東北大学病院 脳神経外科/高度救命救急センター(助教)
2013年 東北大学病院臨床研究推進センター バイオデザイン部門(副部門長)
2015年 スタンフォード大学バイオデザインプログラム グローバルファカルティ
内閣府革新的研究推進プログラム(ImPACT)合田プログラム医療健康実証リーダー
2016年 東北大学大学院医学系研究科神経病態制御学分野 講師
2017年 東北大学病院臨床研究推進センター バイオデザイン部門 特任准教授
2019年 東北大学病院臨床研究推進センター バイオデザイン部門 特任教授
2020年 東邦大学客員教授
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 AMED 開発途上国・新興国等における医療医療技術等実用 プログラムオフィサー(PO)

[受賞]

2008年 日本レーザー医学会総会賞
2008年 UCSF Postdoctoral Travel Award
2009年 Top Ten Abstract, Neurotrauma 米国脳神経外科コングレス
2010年 日本生体医工学学会荻野賞
2013年 日本脳神経外傷学会牧野賞
2013年 日本脳神経外科救急学会学術奨励賞
2015年 日本学術振興会科学研究費優秀審査員賞
2017年 日本学術振興会科学研究費優秀審査員賞、ほか

庄司 貞雄

臨床研究推進センター
アドミニストレーター(兼任)

医療の現場に産業界の力を加えることによって健康・医療の課題を解決する未来医療の担い手を育成するため、バイオデザイン部門と連携し蓄積した産学連携のノウハウを活用してゆきます。

[略歴]

1983年 東北大学工学部 原子核工学科 卒業
1983年 (株)吾嬬製鋼所(現 JFEスチール)
1987年 日立東北ソフトウェア(株)(現(株)日立ソリューションズ東日本)
2017年 宮城大学事業構想学群 特任教授
2019年 東北大学病院 臨床研究推進センター バイオデザイン部門
2020年 東北大学病院 未来医療人材育成寄附部門

奥山 節子

助手
Assistant

2040年を乗り切る“未来医療を創る”人材を一緒に育成していきましょう。
スタッフはそれぞれの「強み」を武器に一丸となってサポートさせて頂きます。

[略歴]

1982年 仙台市立高等看護学院卒 東北大学病院入職
1996年 東北大学病院 副看護師長就任
2007年 東北大学病院 看護師長就任
東北大学医学部保健学科臨地実習講師
2013年 日本コーチ協会 認定メディカルコーチ取得
2014年 東北大学病院 副看護部長就任
東北大学医学部保健学科臨地実習准教授
2016年 日本看護協会 認定看護管理者取得
2019年 定年 再雇用 ボランティア室副室長
2020年 東北大学病院 未来医療人材育成寄附部門 助手(現職)

[受賞]

2019年 瑞宝単光章授章「看護の日」宮城県知事表彰受賞

佐藤 千穂

助手
Assistant

いわゆる「事務方」として大学教育に携わってきました。“未来医療を創る”には医療スタッフや技術者だけではなく、彼らを支援する「事務方」も必要です。これまでの経験を活かし、様々なバックグラウンドを持った多職種のスタッフがスムーズに連携できるようお手伝いしていきます。医療・ヘルスケア現場の課題を解決する方法を一緒に探していきましょう。

[略歴]

2000年 山形大学理学部 卒業
2002年 山形大学大学院理工学研究科 修了
2010年 日本年金機構
2012年 国立大学法人群馬大学
2019年 東北大学病院 臨床研究推進センター バイオデザイン部門
2020年 東北大学病院 未来医療人材育成寄附部門 助手 (現職)

東北大学病院
ベッドサイドソリューション
プログラム

FELLOW & INTERN

FELLOW

市ノ渡 真史

薬局薬剤師として東北各県の保険薬局に勤務してきました。
職種をこえて協力しながら、よりよい在宅医療、さらには地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。ここでは、さまざまな課題に取り組む中でデザイン思考なども使いながら課題の本質を理解し、課題の本質を解決する方法をプロジェクトベースで学んでいます。
私たちを取り巻く環境が変化する中、地域において薬剤師がどんな役割を果たしていくことでさまざまな課題をしなやかに乗り越えられるのか、試行錯誤もたのしみです。

[略歴]

2004年3月 東北大学薬学部総合薬学科 卒業
2004年4月~2015年10月 株式会社アインファーマシーズ入社
東北各地で保険薬局薬剤師として勤務
2014年4月 介護支援専門員 資格取得
2015年11月~現在 株式会社アインファーマシーズ 東北支店運営課
在宅・地域連携・研修担当

INTERN

大森 夏颯

アメリカ・日本・シンガポールで育ち、大学で工学を勉強しました。
大学院ではバイオデザインのフェローとしてアメリカとインドの医療現場でニーズ探索を行い、将来的には海外経験を生かして現場特有のニーズを探し解決していきたいと思っています。

[略歴]

2019年5月 Carnegie Mellon University 卒業
B.S. Mechanical Engineering
B.S. Biomedical Engineering
2020年5月 Johns Hopkins University 卒業
M.S.E. Bioengineering Innovation and Design

INTERN

門脇 水樹

シリコンバレーで育ち、大学でデータサイエンス・ビジネス・歴史を勉強しています。多分野にわたる能力と海外経験を生かして、データサイエンスやAIを様々な業界に繋げていきたいと思います。

[学歴]

2018年6月 Presentation High School 卒業
2018年9月 University of California San Diego 入学
Data Science Major
Business Minor
History Minor
2022年6月 University of California San Diego 卒業予定

INTERN

佐々木 亮太

東北大学で医工学を勉強し、現在は医用光工学分野の研究に携わっています。今後は大学院でさらに学びを深め、専門知識とスウェーデンへの1年間の留学経験を生かして医工学の視点から医療現場の課題に向き合いたいと考えています。

[略歴]

2018年9月-2019年6月 スウェーデンウプサラ大学交換留学
2020年9月 東北大学工学部電気情報物理工学科卒業
2021年4月 東北大学大学院医工学研究科医工学専攻 進学予定

ALUMNI

Tracy Ogata

(2016)

[略歴]

UC Irvine 2013-2016

Tohoku University Hospital Bedside Solution Program 2016

Neuromuscular Research Intern 2017

MEMS Student Researcher, UC Irvine Biomedical Microelectromechanical Systems Lab 2016-2018

Software Programmer, Cognitive Anteater Robotics Lab, IC Irvine 2017-2018

Robotics & VR Researcher Engineer, The National Institute of Health 2018- Present

Resheek Mairal

(2016)

[略歴]

Palo Alto High School

UC Santa Barbara 2018-Present

山﨑 喜雅

(2016-2018)

[略歴]

2005年 東北大学工学部 機械電子工学科 卒業
2007年 東北大学大学院工学研究科 バイオロボティクス専攻 修了
2007年 凸版印刷株式会社
2018年 東北文化学園専門学校 臨床工学科 卒業
2018年 東北大学病院 臨床研究推進センター 開発推進部門 助手(現職)